忍者ブログ
[187] [185] [184] [183] [182] [178] [177] [176] [175] [174] [173]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たっぷりお昼をいただいた後、わたしたちはタクシーに乗り込んで、
運転手さんに行く先を告げました。

タクシーは浜名湖畔を走り、
やがて「頭脳」の名を冠する静かな森の公園内に滑り込んでいったわ。

車を降りると、松ぼっくりがたくさん転がる木立のむこうに、
不思議な形の建物が見えたの。

そう、そこが、わたしのふるさと。
Mandarin Electron なのよ!

 鳥のさえずりがしじゅう聞こえるのよ。

 時にはリスが森から小マトを運んでくるわ。


ふるさとっていっても、わたしはここを知らないの。
わたしがうしろの髪ボーボーのうちに来てから、こちらに引越しをされたから・・。

人里離れた不思議な形の研究室・・。森博嗣のミステリに出てきそうじゃないの!


 「いらっしゃい」「いらっしゃい」「いらっしゃい」 

「モスクワ郊外の夕べ」のメロディで迎えてくれた、ちょっと小柄なこの方たちは・・

 マトリョールさんたちだわ!


・・そして、


 

ああ、わたしの姉妹たち・・。


わたし、感動でちょっと涙ぐんでしまったの。
そんなわたしの背後に、大きな黒い影が・・!

 「やあみなさん、いらっしゃい!」

 「まあまあ、落ち着いて落ち着いて」
 

 「よかったらテルミン聞いていかない?」


・・白黒の大きなねこさんはそう言うと、
おもむろに大きな家具調のテルミンの前に陣取り、演奏を披露してくださったの!


    

なんという大真面目な顔でしょう!(←失礼)



こうして、
大きなねこさんの素敵なテルミンを聞かせてもらって、
さらにはひみつの隠し部屋までも探索させてもらったの。
わたし、こんなに貴重な体験はそうそう出来ないと思って、
感謝の気持ちで胸がいっぱいになったわ。

ええ、ほんとに感謝で胸がいっぱいになったんだけど、

・・ところでこれは何かしら?

 水色のスティックに銀色のコイル・・?

水色のスティックのうしろからさりげなくコードが延びているところを見ると、
どうやらこれは通電するものらしいわね。
コイルの下には円形の台座が・・?

台座があるっていうことは、ここに立てばいいのね?

どうしても興味が押さえきれなくなって、
わたし、謎の装置のコイルとコイルの間に入って、
スティックのスイッチを押すことにしたのよ!

そうしたら・・・

 きゃあああああっ!
画像クリックで瞬間移動!)


カフェ編へつづく!!)
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど
黒タンゴさんが常にあのポーズだったのは、
はしゃぎすぎの私たちを押さえようとされていたのですね。

ハンダゴテを持っていると言ったら、ゆ。さんに驚かれてしまいました。
うちのハンダゴテも瞬間移動出来ればいいのに!
でも帰りは自力か・・・。
スタイロ 2009/10/27(Tue)09:25:06 編集
はんだご
スタイロさん、こんにちは。
スタイロさんもハンダゴテを持っていらしたのね。
旧型をお持ちの方のハンダゴテ率は高い。・・と勝手に思ったのだけど、合ってるかしら。
ちなみにうちには無いのよ。「ハンダゴテ」・・不思議な響きの言葉よねえ。
キャディ 2009/10/27(Tue)19:57:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ctmo
性別:
女性
自己紹介:

最新コメント
ブログ内検索
ようこそ
忍者ブログ [PR]